ツール・ド・ワロニー2017 第3ステージ

ラスト1.5kmが、平均勾配11%という「ユイの壁」に匹敵する何度を誇る激坂「ウッファリーズ」。リエージュ~バストーニュ~リエージュでも使われている坂なんだっけ? さすがアルデンヌ・クラシックの舞台ワロニー地域である。

 

そして、そんな激坂を制して勝利したのが、今年フレッシュ・ワロンヌ3位の好成績を叩き出したBMCのディラン・トゥーンス。今年まだ25歳の若者である。すでに第2ステージで総合リーダーになっていたため、リーダージャージを着用しての勝利である。このまま総合優勝を決めてしまうのだろうか。フレッシュ・ワロンヌの3位がフロックでないことを証明してくれた。

 

 

途中まで惜しい走りをしていたのがアレクシー・グジャール。2015年のブエルタでの劇的な逃げ切り勝利以降、期待はされていたものの結局2年間まるごと勝利を掴めずにいる彼。久々の勝利かと期待したが、さすがにあの激坂を乗り越えることはできなかった。かつてはカルメジャーヌに羨まれるほどの注目を浴びたグジャール。バルギルのように、復活をすることができるか。

 

 

ちなみにこのツール・ド・ワロニー、第1ステージではベンジャミン・トマが勝利している。ダンケルク3日間レースに次ぐ今期2度目の勝利である。彼が所属する陸軍チームことエキップシクリズム・アルメ・ド・テールは、今年なんと17勝目。昨年は3勝。2013年以来4勝しかしていないチームが、である。何たる躍進。だけどこういうので調子に乗って昇格すると大体失敗するイメージがあるので、彼らはこのままコンチネンタルで勝利を稼いでいってもらいたい気分である。

 

 

ツール・ド・ワロニーは残り2ステージ。生で見るかは微妙だが、最後まで注目していきたいと思う。