クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2017 第6ステージ

今年のツールのクイーンステージにもほぼ同じレイアウトで登場する超級山岳モン・デュ・シャ(猫の山)。

10km以上の距離を平均10%で登るかなりキツイ山を登る。

 

 

ここでまず攻撃を仕掛けたのはアレハンドロ・バルベルデ。ルーベン・フェルナンデスの先駆けに後追いで乗っかり、単独で先頭を追走する形に。

ここにアルとチャベスとサンデル・アルメが追い付く。結局、1kmほど走って集団に追い付かれる。

 

この登りで脱落していったのはLLサンチェス、デヘント、ボズウェル、ブライコビッチ、バルギル、オーメン、ラトゥール、サイモン・イェーツ。

バルギルはまた・・・。そして新人賞候補だった3人が一気に遅れ、残ったのはメインチェスとブッフマンのみ。

ブッフマン! ブッフマン頑張れ!

 

 

山頂まで残り3.5km地点でアルがアタック。バルデがこれに一度喰らいつくが、やがて引き離される。

後方ではフルームが一度、ポートたちのメイン集団から遅れかけるが、クフャトコフスキがこれをアシストする。コンタドールはフルームの背中に張り付く。

山頂まで残り3kmを切って、クフャトコフスキが脱落。メインチェスもここで脱落。

ブッフマンまだ残ってる!

 

 

山頂まで残り2.5kmでバルデ、バルベルデコンタドールが遅れ始める。

同じころ、先頭を一人で走っていたオリバー・ナーセンにアルとフグルサングが追い付く。アルが先頭に。

気が付けば、この2人を追っているのはリッチー・ポートとフルームだけに。

途中まで彼らと一緒に走っていたダニエル・マーティンが、バルデたちとの間に単独で。

いやー、結局フルーム強いじゃないか。

そしてリッチー・ポートは昨年ツールに続き好調。このままならマイヨ・ジョーヌ着用もイケそうだ。

 

 

山頂まで残り1.2km地点で再びアルがアタック。

単独で先頭に出て、そのまま山頂通過。

そこから12秒遅れでフルーム、ポート、フグルサング

そして25秒差でマーティン。1分3秒差でバルデ、バルベルデコンタドール

 

そして、フルームの驚異の下り!

あやうくポートたちが突き放されるところだった。

そうして、結局4人になった先頭集団は、そのままゴールへ。

最期のスプリントでアルが最初に諦め、フグルサング、フルーム、ポートが3人並んでのスプリント。

 

勝ったのはフグルサング

アスタナにとっては、スカルポーニ以来の、今シーズンようやくの2勝目。

そしてフグルサングにとっては、アスタナに移籍してからの初勝利だという。

 

 

後続はマーティンに追い付いたバルデとバルベルデが3人でゴール。50秒遅れ。

そして、下りで遅れたコンタドールが、ナーセンと一緒に1分6秒遅れでのゴールとなった。

 

 

今日のレースでわかったことは、

  • フルームは十分強い。特に下りが他を圧倒するクオリティ。
  • ポートもやはりフルームに匹敵する力を持っており、今年の優勝候補。
  • アルも調子が良い。フグルサングと共にダブルエースでツールに臨めれば、アスタナというチームが存在感を示せる可能性が十分にある。
  • バルデ、バルベルデが一段劣る位置に。そしてコンタドール
  • マーティンも今年は総合ベスト10に入れそうか。

 

そして、ブッフマンがステージ10位。総合8位。ラトゥールを50秒離しての新人賞獲得! これは嬉しい。

 

ブッフマンはドイツ期待の総合系選手で、2年前のツールでは、アスパン峠とツールマレー峠を越える難関山岳ステージ(マイカが逃げ切り勝利を決めたステージ)で区間3位を獲る走りを見せている。

 

この夏のツールでも、マイカを支える重要な存在と信じている。楽しみな選手だ。